アトピー性湿疹と家族の団欒

...皆さん、こんにちは。私はカーサの周りでたくさんの奇跡を経験しました。私は、私との絆を断ち切ってしまった2人の娘に関する「傷ついた心」の癒しを求めて到着しました。友人が、ジョアオが半身不随の男性を歩けるようにしている白黒のDVDを持ってきてくれたのだ。私はインド洋に浮かぶレユニオン島のアパートに一人でいた。部屋は強い愛のエネルギーで満たされ、私は一人で行くことへの恐怖にもかかわらず、その旅に出ざるを得なくなった。それは信頼の仕事だった。カサのエネルギー・フィールドに圧倒され、プロトコルとエンティティーたちのガイダンスに従うと、大いなる愛と裁きのない場所から、娘たちに何度も手紙を書くことができた。私のハートは弾け飛びました。少し時間はかかりましたが、二人は私の人生に深い愛情をもって戻ってきました。しかし、それだけではない。私は生まれたときから慢性的なアトピーの湿疹に悩まされていました。私はエンティティーに、これをきっぱりと治してくれるようお願いした。その数日後、湿疹が吹き出し、今まで経験したことのないような最悪の状態になった。私の顔はまるで火傷をしたかのように醜くなり、鏡に映る自分が分からなくなった。ポウサダの部屋から出るのが恥ずかしくなり、カサでの仕事に疑念さえ抱いた。もしかしたら、すべてはデマで、私は永遠にこの恥ずかしい状態から抜け出せないのかもしれない!この危機は3週間続いたが、その間に私は外に飛び出し、村の "見知らぬ人 "たちから慈愛に満ちた親切を受けた。何人かの人が聖なる滝から水を持ってきてくれた。カーサ・プロトコルを続けるうちに、痛みと醜さは徐々に治まっていった。私はこの生涯の苦悩から癒され、二度と再発することはなかった!しかし、私が行った先々で、アバディアディアの明白な愛が、身体の見た目など気にしていないことを目の当たりにしたとき、主な癒しはハートにあった。ドム・イナシオの愛の穏やかな流れは、あらゆるところにあり、あらゆるものの中にあり、あらゆる疑いや恐れに勝っていた。私はそのような感謝のエネルギーと、何かをお返ししたいという願望からカーサガイドになった。サイクロンに襲われた後、私はインド洋をひとりで泳いでいた。私は安全で幸せで歓喜に満ち、ドン・イナシオとつながっていると感じた。日の出直後の、人けのないビーチでの早朝だった。私は泳ぎ出したが、泳いで戻ろうと振り向いたとき、自分が潮の流れに引っ張られてビーチから遠く離れているのを見て愕然とした。もう戻れないと思った!波と流れがあった。ドム・イナシオに祈ると、とても穏やかな気持ちになった。落ち着いて、静かに泳ぎ続けて......」と聞こえた。もし溺れるのなら、そうしてください。あなたの御心のままに!怖かったが、決してパニックにはならなかった。もし助かったら、私の人生を神とカサに捧げると約束します」。それから間もなく、遠くの浜辺で、小脇に板のようなものを抱えて浜辺を走る人影が見えた。彼は私に向かっては来なかったが、私は彼に捕まるだろうと思った。しばらくして、彼は私のいるあたりを旋回してやってきた。彼はただ「ボードをつかめ」と言った。無言のまま、彼は私をビーチまで泳がせた。私は疲れ切っていたので、ただ彼に「君の名前は?クリストフ」とだけ答えた。ビーチに着いたとき、私は砂浜に倒れ込んだ。私は深い深い感謝の気持ちで彼の方を向いた。そこには誰もいなかった!誰の気配もない!今でも彼の目が見える......。その結果、私はグループを引き連れてカーサに通い続けた......そしてその後、私にとって最も重要な奇跡は、すべてを変え、想像を絶する心の癒しをもたらした『奇跡のコース』という本を見せてもらったことだった。ポウサダでその本を見て、重要な本であることを知り、すっかり忘れていたのだが、カサから戻った初日にパリで見知らぬ人からプレゼントされた!あとは美しい歴史だ......。
カサの人生の試練と苦難を通して、私のルーツであるアイルランドの愛すべきバイブレーションの中で、私に大きな愛とサポート、そして大笑いをしてくれたグレインに敬意を表して、この場を閉じる......神のご加護を、この献身のパワーボムに......☘☘。

66人の購読者に加わる