カサに召喚される

2020年12月12日、私はリビングルームに座って一日の喧騒から解放され、神が私に言った。

神様、私は絶対にあそこには戻りません。私の人生を前進させるためにこれだけの時間がかかったのに、あなたは私に戻れと言うのですか?なぜですか?

数分後、クルス医師、アウグスト医師、ホセ・ペンテードの3人の霊が現れた。彼らは透明だが半透明で、"家に帰る時間だ "と言っているように見えた。私は3日間、恐怖と不安でいっぱいで、クリスマスに家に帰れないことを娘や孫娘たちにどう伝えようかと泣き続けた。

なぜ、私を深く傷つけた場所に戻るように言われたのか知りたかった。ようやく娘に電話して事情を話したら、この際、神の言葉を無視して行かないわけにはいかない、と言ってくれた。

そこで私は神の呼びかけに応えようと行動を起こし、カリフォルニアからブラジリアへのフライトを予約し、12月20日の朝にブラジリアに着いた。平和の神殿に直接行き、ラビリンスを歩いて祈り、真ん中のクリスタルの下に立って、そのプロセスに完全に身を委ねた。

バブルと呼ばれる、通りを曲がってすぐの場所に着いたとき、その感覚はあまりにもなじみのあるものだった。でも寒かった。店もホテルもすべて閉まっていた。人通りもない。カサの犬が数匹いる。寂しい感じ。それでも深い安らぎを感じた。疲れ果ててサン・ラファエルに行き、チェックインして眠りについた。ホテルには私の他に3人の女性しかいなかった。  

アバディアニアにいることに慣れ始めると、私は神聖な言葉や、この土地と場所の目的についての深いメッセージを聞き始めた。私は降伏と許容の状態にあった。まだ抵抗はあったが、それは急速に取り除かれていった。  

カレント初日は水曜日の朝だった。僕はエンタのカレントに座った。カレントには総勢30~45人くらいいただろうか。部屋に入って、何人かの見知った顔を見るのは感動的だった。介入に行くか、祝福を受けるか、まだ選択肢があった。どの列にもあまり人はいなかった。私は音楽を聴きながら、愛されているクリスタル、ブラック・マドンナと聖イグナチオを眺めていた。1時間は純粋な時間だった。エネルギーは軽く、非常に強かった。守護、平和、愛という深い感覚が際立っていた。  

この土地は私のものだ。いつも私のものだった。この土地は神聖で聖なるものであり、人々が戻ってくることを必要としている。この地の神聖さは誰にも奪うことはできない。忠実な者だけが帰ってくる。彼は私に、どんな人間にも信頼を置いてはいけない。

神は私の心の秘密を知っておられ、私の精神の意図を理解しておられることを私は知っている。私の心の秘密は、私の純粋な精神の原料なのだ。アバディアニアで起きたことは、私を悩ませる問題を表面化させる人生の嵐だった。嵐は登攀を厳しくしたが、私は一歩一歩進むごとに力を得た。要するに、私自身の幸福、私自身の幸せ、私自身と神や光の存在との関係は、私自身に責任があるということだ。

自分自身の人生に関する選択と決断は、日々の質を直接左右する。聖書のイザヤ書には、「闇の中を歩んできた人々は、大いなる光を見る。死の陰の谷を歩む者には、大いなる光が照らされる"。

私たちが歩む道、霊的な故郷を失うことの衝撃を本当に知っている人は誰もいない。しかし、涙で目をきれいに洗われた人だけが、自分たちを全世界の小さな姉弟とする広い視野を得ることができることは知っている。私たちは、その小さな姉弟なのだ。私たちの人生の嵐は、私たちの町や家を襲い、私たちが呼吸する空気を洗い流す嵐のように、多くの人々に恩恵をもたらす。

アバディアニアに対する私の心の中の愛は回復し、私はそこで輝き、平和、愛、そして充足感を見出した。アバディアニアへの旅は簡単で楽だった。カーサでの社会的距離の取り方やプロトコルの安全性は申し分なかった。私はクリスマスと新年をそこで過ごした。

聖イグナチオは子供たちを一人ずつ家に呼ぶ。そこには今までに感じたことのない自由がある。自分が何者であるか、何ができるかできないかという制約がない。滝はとても美しかった。青い蝶、高いエネルギー。人知を超えた平和。私たちは団結し、故郷に戻り、生命を取り戻すことができる。

何千人もの人々がスピリチュアルな家を失い、疲弊した世界の孤児となっている。私たちの家はまだそこにあり、きれいにされ、そしてまだきれいにされている。

私は家出した子どもだった。そして帰ってきたのは、安全で安心できる感覚、深く愛されている感覚、そして何よりも、いつも家にいることですべてが落ち着く安らぎだった。私の一部が戻ってきたのだ。もう私は、裏切られ、精神的な故郷を奪われたと感じる、この疲弊した世界の孤児ではない。所有権や証書の有無にかかわらず、土地の神聖さを奪う力は誰にもないと、神は私に保証された。アバディアニアが神のものであることは明らかだった。  

聖地アバディアニアの貴重な真珠をまとめるため、来週編集者と会う予定だ。 #ForTheLoveOfGodキャスリーン・L・ディクソン博士 

66人の購読者に加わる