次は君の番だ

2017年に起きた奇跡的な癒しの驚くべき記録をご紹介し、この困難な時代にインスピレーションの源を提供します。私たちは、カーサ・ファミリーの一員として、この感動的なストーリーを共有できることを光栄に思います。プライバシーを尊重するため、名前は変えてあります。 サンパウロ出身のマリアは、重い肝臓病を患いながらアバディアニアに到着した。彼女の容態はあまりに悲惨だったため、友人のダニエラは、彼女が一晩を乗り切れるかどうか心配しながら、同じ部屋で彼女のそばにいることにした。火曜日の夜、マリアは翌朝エンテイの霊媒師に会うことを決めていた。 二人はカサから400メートルほど離れたポウサダで夜を明かした。マリアはあまりに具合が悪かったので、ダニエラが朝まで生きられないかもしれないと思い、同じ部屋に泊まるよう強要した。それくらい、彼女の状況は悲惨だった。 その運命の夜、マリアは夢を見た。夢の中で彼女は、手術台を外科医たちが取り囲み、10代の少年らしき人に手術をしているのを見た。マリアの方を向いていた外科医の一人が振り向くと、彼女はすぐに彼がアグスト・デ・アルメイダ医師だとわかった。彼は彼女に "リチャード・カウフマン "と書かれた紙を渡し、"次は君だ "と言った。彼女が思い出せるのはそれだけだった。 水曜日の夜が明け、マリアが目を覚ますと、シーツに血が付いていた。彼女は布団を上げ、Tシャツにも血が付いているのを発見した。さらに調べてみると、肝臓のあたりから28針もの粗末な黒い縫い目が突き出ているのに気づいた。これはアグスト医師が使った縫合糸そのものだった。アグスト医師の前世は軍隊で、戦場で負傷した兵士を急いで縫合していたのだ。 二人とも驚き、ダニエラはその日の朝、カーサに見せるために写真を撮った。カーサの活動が始まるとすぐに、ダニエラはアグスト医師である法人化されたエンティティーに近づき、写真を見せて説明を求めた。昨夜、マリアに肝臓移植を行いました。金曜日の朝、ここに来るように言ってください。 金曜日の朝、マリアは久しぶりに元気になっていた。アグスト医師が二人を呼び寄せ、マリアの体内に新しい肝臓があることを明かした。この肝臓は、夢の中で手術台の上にいた若い男性、リチャード・カウフマンから提供されたものだった。彼は霊界から進んで肝臓を提供したのだ。 アグスト医師は、40日後に確認のためにサンパウロの主治医を訪ねるようマリアに指示した。それから40日間、マリアは健康を維持し、ついに主治医に会ったとき、主治医は唖然とした。彼は他の4人の外科医を呼んで彼女を診察させた。拒絶反応の薬も必要なかったし、彼女の傷跡は、数年前に地球の医師が行った手術の傷跡よりもきれいに治り、薄くなっていた。 医師の一人は、彼女が新しい肝臓をインターネットで買ったのかと尋ねたほどだった。マリアは感動に打ちひしがれ、医師たちはありえないことだと叫び続けた。彼女はカーサのことを話し、外科医の一人はそこで行われている仕事に精通していた。その話に誰もが驚いた。 マリアはカーサに戻り、自分の信じられないような経験を分かち合った。彼女はカサの庭で、ポルトガル語、英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語で証しをし、その場にいた人々の力強く感動的な反応を呼び起こした。彼女は血のついたTシャツを本堂に持って行き、会衆のみんなに見せた。 この驚くべき奇跡の後、カーサの電話には移植を求める人々からの問い合わせが殺到した。なぜこのような肉体的な奇跡を受ける人がいるのかは謎のままだが、マリアは完璧に機能する肝臓で健康を享受し続けている。奇跡は絶え間なく起こり続けているのだ。 この移植がカサ内ではなく、近くのポウサダで行われたことは注目に値する。その日はカサの公式な日でもなく、その夜、ジョアオ司祭はアバディアニアにいなかった。マリアはカーサの門をくぐる必要はなく、この仕事が地理的な境界を超え、カーサから何千キロも離れた場所まで及ぶことを強調している。神には国境も時間も空間もない。カーサは特別な癒しの入り口であり、この真実の証に立ち会えたことは光栄である。 今、私たちはこれまで以上にカーサのエネルギーと、奇跡を呼び寄せる驚異的な高い波動で、目に見えない私たちのそばで働き続けている特別な存在たちのサポートを必要としています。 「求めよ、さらば与えられん ドム・イナシオの言葉を借りれば、"信じる者には言葉は必要なく、信じない者にはいくら言葉を尽くしても足りない"。

66人の購読者に加わる